Sonic Solutions  
ホーム 製品情報 サポート 購入
EUDORA
FAQクィック検索
キーワードで探す
例:
設定 再構築 インポート
社外からの通信や、社内メール通信をセキュアにしたい・・・。
●POP3/IMAP4/SMTP/LDAP over SSL(※)に対応

Eudoraとメールサーバ間のアクセスをSSLでしっかりガードします。
セキュリティもしっかりしたメール環境はデキるビジネスパーソンの第一歩!

近年、電子メールの覗き見を防ぐために、PCとサーバのやり取りを外部から分からないように『暗号化』
して機密を保持する方法がより一般化してきています。このような接続方式はSSL(Secure Socket Layer)での接続を使用します。
Eudora7Jでは従来対応していた「POP3」「IMAP4」「SMTP」に加え、新たに「LDAP」でのSSL接続に対応しました。

ご利用にはサーバがこれらに対応している必要があります。

「POP3」・・・「Post OfficeProtocol Version 3」の略。インターネットやイントラネットなど、インターネット技術を利用 したネットワークで、電子メール受信するためのプロトコル。メールを保存しているサーバからメールをダウンロードすることが可能。

「IMAP4」・・・「Internet Message Access Protocol Version 4」の略。インターネットやイントラネットなど、インタネット技術を利用したネットワークで、電子メールを受信するためのプロトコル。メールを保存しているサーバへメールを直接操作することが可能。

「SMTP」・・・「Simple Tranfer Protocol」の略。インターネットやイントラネットなど、インターネット技術を利用したネットワークで、サーバ間でメールのやり取りをしたり、クライアントがサーバに電子メールを送信するためのプロトコル。

「LDAP」・・・「LightWeight DirectoryAccess Protocol」の略。TCP/IPネットワークで、ディレクトリサービスを利用するために定められたプロトコル。

▲このページの上へ

会社のメールサーバがIMAP。移動中にメールを確認したい・・・。
●IMAP処理がオフラインでも可能!

移動の多いビジネスマンをしっかりフォロー。外出先でのメールのチェック・整理が可能になりました。

IMAPは、メールデータや、メールのステータスなどをサーバで管理しており、メールの受信、他のメールボックスへの移動、削除など一般的な作業もインターネットに接続している必要があります。
Eudora 7Jでは、さらにオフラインでのIMAP処理が可能に!
インターネットに接続されていない状態での下記の処理が可能となりました。

ステータスの変更(既読/未読 削除/残す)
メッセージの他のメールボックスへの移動/コピー
メールボックスの作成/名前変更/削除

▲このページの上へ

添付ファイルのファイルが文字化けしてしまって開けない。

●添付ファイルのエンコード方式も選択可能!

添付ファイルのファイル名のエンコード方式も選択可能。ファイル添付時の文字化けを解消します。
日本語の添付ファイル名のエンコード方式は複数あります。仕事で古いOSを使わざるをえず、メールソフトのバージョンアップができない環境などでは、一部のエンコード方式に対応していないことがあり、受信した添付ファイルが文字化けしてファイルを開くことができない場合があります。面倒な添付ファイル名のエンコード方式の変更もEudora 7Jならメールの作成時に簡単に変更することが可能になりました。相手先で添付ファイルが文字化けしても、簡単にエンコード方式を切り替えてすばやく再送信してトラブルも確実に回避できます。

一歩先を行く便利さ。Eudoraはただの送受信だけじゃない。
『安全』はメールの最低マナー。Eudoraはセキュリティも万全。

▲このページの上へ